未払い禁止!税金の延滞金のペナルティを知る

>

忘れてしまいがちな確定申告

この記事をシェアする

確定申告をしていない場合

個人事業主だけではなく、配当や不動産収入がある場合にも確定申告が必要です。副業の場合は年に20万円以上の利益がある場合は、申告の義務があります。
確定申告と聞くと面倒なイメージや、難しいイメージがあり敬遠されています。しかし確定申告も立派な税金ですので、滞納すると無申告加算税として納税すべき税額に対してプラスされます。
50万円以下であれば15%、それ以上であれば20%とかなりの割高です。確定申告に関しても、他の税金と同じ様に督促状が届きますので、通知が来たらすぐに支払いましょう。ちなみに延滞税の税率は年によって異なるので注意して下さい。
これらの申告を故意にしなかった場合、ほ税といって年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金が言い渡されてしまいます。

節税して確定申告を乗り切る

確定申告は自身や企業が得た収入や利益に課せられる税金ですので、他とは毛色が異なります。
この税金の特徴として、正しい知識があれば節税出来る点が挙げられます。最も簡単に出来る節税が、経費として計上する方法です。フリーランス、サラリーマンどちらでも構いませんが、事業をする場合に必要な費用であれば経費になります。本やソフトはもちろんの事、会議の為に使ったレンタルスペース料金でも問題ありません。移転費用や資格取得費も当てはまります。
これらを計上し確定申告書へ記入します。その上で利益が20万円以下であれば、税金を支払う必要がありません。
正しい知識があれば、賢く節税出来るので事業主は節税について勉強するのも良いですね。