未払い禁止!税金の延滞金のペナルティを知る

>

税金ってどうして支払う必要があるの?

この記事をシェアする

自動車税を払い忘れるとどうなるのか

毎年4月に自治体から自動車税の支払い依頼があります。コンビニでも支払える様になっているので、支払い書があれば簡単に支払えます。
しかしこの自動車税は4~5月と新生活が始まるシーズンに来るので、支払い漏れが多いのも事実です。新しい生活が忙しく、つい支払いを忘れてしまったというケースがほとんどです。
ちなみに自動車税の納税期限は1ヶ月です。期限が切れるとまず延滞料金が発生します。初めの1か月からの1年であれば2.9%で済むのですが、それ以降は年間9.2%と消費者金融と同じくらいの金利になります。
ちなみにこの督促状は期限から30日前後に届き、催告書はそこから更に30日前後に届きます。これらの書面が来たらすぐに支払いましょう。

それでも放置したらどうなるの?

督促状、催告書が届いても無視しているとどうなるのでしょうか?催告書が発送されてから更に30日前後経過すると最後催促書が届きます。しかしこの書面には支払う旨の文面にプラスして、支払いがなければ財産を差し押さえると掲載されています。多くの方がこの文面を見て支払いを済ませます。
しかし中にはそれでも支払いをしない方もいて、その場合は最終通告の書面が届きます。そこには指定された期日までに支払いが無かった場合、財産の調査を行う事が掲載されています。この書面が来たら、いつ差し押さえの手配がされてもおかしくありません。
滞納してしまった自動車税は普通自動車の場合都道府県税事務所、軽自動車の場合は市区町村の役所の税務課で支払いが出来ます。