税金の延滞金を払わなかった場合の罰則について

未払い禁止!税金の延滞金のペナルティを知る

自動車税について

日本に住んでいると必ず支払う必要のある税金ですが、そもそもどの様な仕組みなのでしょうか?
税金は簡単に言えば、日本で生活する場合に必要な会費です。海外に住む場合は海外での取り決めやルールに従った会費が必要です。
税金は大きく分けて所得税・住民税・法人税・消費税・自動車税・たばこ税・酒税に分かれます。これを細分化する、あるいは特殊なケースを入れる事で様々なジャンルに分かれます。地方税・国税といった種類に分かれているのですが、これは調達する先が国なのか、または自治体なのかの違いのみです。
たばこ税・酒税・消費税は製品を購入した時に含まれているので、未払いという事はありません。しかし他の税金に関しては、未払いの可能性も出てきます。大半のケースは未払いが発生した時点で、自治体から通知が来ます。しかしこれらの通知を無視した場合、どの様な事が起きるのでしょうか?
そもそも税金と言うのは国や住んでいる地域の人々が豊かに暮らせる様なサービスを提供する為にあります。例えばごみ収集や消防・救急車の運用などです。健康保険加入者の医療費が一部負担されているのも税金で支払われています。その為、税金の未払いが慢性的になると国や自治体がうまく機能しなくなり、安心して生活が出来なくなります。
国民の義務でもある納税ですが、今回はその税金の滞納した場合のペナルティや罰則、延滞分の支払い方法にスポットを当てて紹介していきたいと思います。